「誰かが既にやってたら自分はやらない」ではない!

マインド

多くの人は、もう既に誰かがやってることがあったら、自分がやっても意味がないと思ってしまいます。

でもそれって実は間違っていることに私は気づいてしまいました。

「誰もやっていないこと」を仮に見つけたとしても、

それはいつか誰かがやり始めるかもしれません。

「誰もやっていないことが見つからないなら、何かを組み合わせて唯一無二の存在になれ!」って言う人もいますが、

それも時間の問題で、

誰かがやり始めてしまうかも知れません。

レアな組み合わせで唯一無二の存在になったって、

いつか真似されてしまう可能性があるわけです。

じゃ現代のような競争が激化したこの世界では、あなたに価値はなくなってしまうのですか?

昔の自分ならこれに対して反論できませんでしたが、今の自分ならできます。

今の自分ならこう言えるからです。

「競争なんてない。あなたと他人は全く関係ない!」

この言葉の本当の意味に気づいたら本当に強いです。

というか無敵になれます。

競争だと思うから競争になってしまうのです。

最初から競争だと思う必要はないのです。

他の誰かが同じことをやっていようが、あなたがやりたいことならば、他人に関係なくあなたはお構い無しにやるべきです。

究極的には競合というものは存在しないからです。

自分のやりたいこと、それをやり続けていれば、

「あなたから習いたい。」

「あなたが良い。」

「あなただから良いんだよ。」

そう言ってくれる人が必ず現れます。

なぜか?

世界はそのようにできているからです。

皆がそれぞれ羽ばたけるようにデザインされているのです。

だから頭の中から「競争」とか「競合」とか「パイの奪い合い」とかすぐに消し去った方が良いですよ。

そんなものはありません。

パイは本当は無限なのです。

でも学校や会社で「奪い合い」を教えられてしまったから、ずっとそう思い込んでいただけ。

でも、それって嘘だった。

最初から他人から奪う必要なんて全くなかった。

自分のエリアで羽ばたけば良いだけ。

別に特別なスキルもいらない。

誰かより秀でている必要もない。

自分らしくあれば良いだけ。

それだけで良いのです。

だから人と比べないで。

自分らしくして。

それで、自信持って。

「私はすごいんだ」

そう言ってみて。

大丈夫です。

頭でそんなに考えてないで。

ただただやってごらん。

コメント